無料
エロ
動画

Latest Entries

高橋真弓のおしおき 第二話 剃毛

「お前のような劣等生が一人前に毛を生やしているとは生意気だ」
しおき教師はカミソリを真弓の目の前に見せた。真弓はそれがどういう意味を持っているのかに気づくと真っ青になる。
「いやっ、そんなのいやっ!」
「若草刈りの刑だ。イヒヒヒ」



しおき教師はシェービングクリームを取り出すと、真弓の股間へと吹き付ける。
「ああっ」



真弓のうっすらとした繊毛は泡だった白いクリームに完全に覆われた。大きく広げられた少女の股間がクリームだけで隠されている姿は、全裸よりも卑猥に感じられる。





「さぁ、お前の若草をキレイにしてやるぞ」

カミソリが肌に当てられる。その鋭い刃はジョリジョリと音を立てて真弓の繊毛を剃り落としてゆく。思わず腰を動かしてカミソリから逃れようとする真弓にしおき教師は怒鳴りつける。
「危ないぞ。動くんじゃない。大事なところが切れてしまうぞ!」
「ああ、いやぁ…」

もう真弓は自分の陰毛が剃り落とされていくのを、じっと耐えるしかないのだ。


刃が動く度にツルツルとした白い肌の面積が広くなっていく。


「ほ〜ら、キレイになってきだぞ、高橋」
「う、うう…」

もうクリームは肉唇の部分にしか残されてはおらず、その周囲は肌が剥き出しになっている。真弓は絶望的な気持ちになっていた。


「ふふふ、もうすぐ完成だ」






しおき教師はティッシュでクリームを拭き取っていく。






「ようし、綺麗になったぞ。どうだ、嬉しいか高橋真弓。劣等生にぴったりの赤ん坊みたいに可愛らしいおまんこになったぞ」
「ああ…。もうだめ…」



無毛の股間の中央にくっきりと肉の裂け目が走っている。痛々しくも美しい光景だった。


しおき教師は指を伸ばし、その裂け目を押し開いた。


「ああっ、いやぁっ!」

性器を触られたショック、そしてそこを広げられてしまった羞恥に真弓は叫んだ。
「おお、綺麗なピンク色じゃないか」

遂に肉壁までさらけ出されてしまった。鮮やかな桃色の粘膜が複雑な形に折り重なっている。この可憐な少女の裸身に、こんなに生々しい部分があるとは信じられない。
「しおき教師の前でこんなところまで晒すのはどんな気持ちだ? 恥ずかしいか?」

言うまでもない。真弓は今までの人生の中で、これほど羞恥に身を焦がしたことなどなかった。


「だがお前は肌を晒すだけでは済まんのだぞ。おしおきはこれからが本番だ。もっともっと恥ずかしい目に合わせてやるぞ。イヒヒヒ」


つづく

高橋真弓のおしおき 第一話 開花

自主制作DVDの第一弾である「高橋真弓のおしおき1」をフォト小説にしてみました。動画で見るのとは、また違ったエロスがあると思います。実はこれは自分のネタ用でもあるのです。普段ネタにするのは小説や静止画が多いもので、こっちの方が自分には使いやすいんですよね(笑)。

もちろん、もしこれでDVD版「高橋真弓のおしおき」が気になった方がいらしたら、遠慮無くご購入下さい(笑)。購入方法などは、こちらです。
http://denjin.5.dtiblog.com/blog-entry-117.html


それでは、最後までたどり着けるかどうかわかりませんが、連載スタート!


「高橋真弓のおしおき 第一話 開花」

 某県の山奥深くにS学園はあった。スパルタ教育で知られ、進学率100%を誇る全寮制のこの学校では、成績の悪い生徒や校則に反した生徒は地下のしおき室で、恐ろしいおしおきを受けなければならない。

 1年S組の女生徒、高橋真弓は週末テストでクラス最下位という不名誉な成績を取ってしまったため、ついに今夜、しおき教師によるつらく恥ずかしいおしおきを受けることになってしまった。

mayumi001

「ああ、いや…、先生。許して」
恐ろしげな拷問道具が並べられたしおき室の壁に手足を大の字に広げられた格好で真弓は拘束されていた。
mayumi002


mayumi003

夏服の白いセーラー服の袖から突き出した腕、そしてスカートをはぎ取られて剥き出しになった脚は、あまりにも細く華奢であり、この可憐な少女がこれからの恐ろしい拷問に耐えられるとは、とても思えなかった。
「ヒヒヒ、今日はどんなおしおきをしてやろうか」
「先生、許して下さい。この次のテストでは、絶対に頑張りますから!」
「うるさい。成績の悪い生徒にはおしおき、これがこの学園の決まりだ」

しおき教師は美しい獲物を目の前にして、よだれを垂らさんばかりの好色な笑顔を浮かべた。女生徒の若鮎のようなピチピチした肉体を好き放題に悪戯できるおしおきは、この中年男の何よりの楽しみであった。
mayumi004

「さあて、まずは身体検査から行くかな。イヒヒヒ」

しおき教師は真弓のセーラー服をたくし上げ、純白のブラジャーをさらけ出させた。
mayumi005

「ああ、いやぁ」
「フフフ、まだ膨らみかけといったところかな」

mayumi006

しおき教師はブラジャーの上から真弓の幼い乳房を揉みしだき、その固い感触を楽しんだ。さらにそのいやらしい手は、真弓の下半身へと降りてゆく。スラリと細い腿を撫で回す。初めて男に肌を触られる嫌悪感に真弓の身体に悪寒が走る。
「さて、この中はどうかな」

しおき教師の手が真弓の下半身を包む純白のパンティへとかかった。下着を脱がされることに真弓は激しく抵抗した。物心ついて以来、誰にも見せたことのない恥ずかしい部分を、いやらしいしおき教師に見られるなど耐えられることではなかった。
「いやです。止めて下さい。お願いします」

必死に腰をくねらしてしおき教師の手から逃れようとする真弓。しかし、しおき教師はその抵抗を楽しげに見ていた。
「ほお、そんなにパンツを脱がされるのがイヤなのか、高橋真弓」
「はい、それだけは許して下さい」
「しかし、本人にとって辛いことをするのがおしおきなのだからな。では、しおき台の上でじっくりと見てやろう。奥までたっぷりとな! イヒヒヒ」


mayumi007

 真弓は奇妙な形をした台に拘束されてしまった。それはスチールパイプと黒いクッションを組み合わせた台で、腕は頭の下に縛り付けられ、両脚は割り裂かれるように左右に開いた状態で固定されているため、真弓は人の字型という恥ずかしい格好のままで身動きが取れなくなっていた。両脚は足首と腿の付け根にベルトで固定され、脚は大きく開いたままで閉じることは出来ない。パンティ一枚の股間をしおき教師の視線に晒すことに耐えられず、閉じようともがくが、しおき台はビクともしない。
「ヒヒヒ。高橋真弓、これからお前はこの台の上で、何もかもをさらけ出すのだ」
「そ、そんな…」
「まずはこの可愛らしい胸から見せてもらおうかな」

mayumi008

しおき教師は再び真弓のブラジャーを剥き出しにすると、ハサミを真弓に見せつける。
mayumi009

「これでブラジャーを切ってやる」
「いや、いやです」

ハサミの先端がブラジャーの中央に差し込まれ、そしてパチンと切り裂いた。
mayumi010

しおき教師はブラジャーの二つのカップを左右に開く。
mayumi011

それまでブラジャーに覆われていた、真弓の胸が露わになった。
「いやぁっ、先生、見ないで」
「ほおう。これはずいぶん小さくて可愛らしいおっぱいだな、高橋真弓」
「いや、いや、いや」

しおき教師の言うように、それは申し訳程度にしか膨らんでいない幼い乳房だった。うつぶせにされているため、余計に平らに見える。クラスメートに比べて発育の遅い胸は真弓のコンプレックスだった。仲のいい友人にも見せたくなかった。それをいやらしいしおき教師に見られるのはたまらない。真弓は恥ずかしさに身悶えする。
mayumi012


 幼い乳房をじっくりと視姦したしおき教師は、今度は無惨に広げられた股間へと視線を向けた。
「さあて、残るは一枚だな」
「いや、いや、そこだけは止めて」

しおき教師のハサミの先端が真弓の白いパンティの中へ侵入する。
mayumi013

「ヒヒヒ、こんなに脚を広げているんだから、この邪魔っけな布がなくなると、大変なことになってしまうな、高橋」
「いやです。先生止めてっ」

真弓の哀願も空しく、ジョキジョキとハサミはパンティの右側の布地を切り裂いていく。ビッと、ゴムが切られた勢いでパンティの端が反対側に引っ張られ、めくれあがる。
mayumi014

「ああっ」
「イヒヒ、さぁ、もう片方も切ってしまえば、いよいよ恥ずかしいところがパックリだな」

しおき教師のハサミは反対側のゴムを容赦なく切り裂いた。
mayumi015

「ああ…」

 左右を切られたパンティはただの一枚の布きれとなって、かろうじて真弓の股間を隠していた。ギリギリでヘアも覆っているが、真弓が腰を動かしたり、少しの風が吹いたりすれば、たちまち床へ落ちてしまうだろう。
「あ、ああ、ああ…」

大きく広げられた全裸の少女の股間が小さな布切れ一枚で隠されているというのは、刺激的な光景だった。
mayumi015#

「さぁ、いよいよ高橋の恥ずかしいところを見せてもらおうかな」

しおき教師は、かつてはパンティとして真弓の股間をガードしていた布切れの端を摘んで、ゆっくりと下の方へとひっぱっていく。
mayumi017

「いや、いやぁ。取らないで、先生やめて」
「ほ〜ら、恥ずかしい毛が見えてきたぞ。ほう、ずいぶん薄いな」

しおき教師の言葉通り、申し訳程度にうっすらとしか生えていないヘアが布から顔を出した。布はさらに、じりじりと下げられて行く。
mayumi018

「ほれほれ、見えるぞ、見えちゃうぞ」
「いやぁ…、先生、止めて、許して」

mayumi019

「ヒッヒッヒ。それでは行くぞ」

しおき教師は布をひっぱると、一気に離した。
mayumi020

mayumi021


「いやぁ〜っ! 見ないでぇ!」

真弓が絶叫した。
「ヒッヒッヒッヒッ、剥き出し剥き出し」

mayumi022

 なんとも可憐な性器だった。うっすら生え始めたばかりのヘア、そして薄く小ぶりな花びらは、赤ちゃんの肌のような無垢な淡いピンク色。大きく股を広げられているのに、ぴったりと閉じている清楚な花弁。あまりの恥ずかしさに真弓が息を荒くすると、その度にその花びらがヒクヒクと動く。
「ウヒヒ、絶景かな、絶景かな」

思わずしおき教師がうめく。
「ああ、いや、見ないで…」

しかし、そんな懇願が聞き入られるわけもなかった。しおき教師はその部分へ顔を近づけてじっくりと視線で舐め回す。
「さすが女子○学生のアソコは美しいな。白い肌が恥ずかしさのあまりピンクに染まっていて、なんともよい風情だ。こんなのが見れるからしおき教師はやめられないな。ヒヒヒ」
「あ〜、イヤ、先生、見ないでぇ。嫌いな人にそんなところを見られるのはいやぁ!」
「そういっても、こんなに開いているのだからな、よく見えてしまうぞ、高橋真弓」

mayumi023

「ああ、こんな人の前で肌を晒すなんて…、私、死んでしまいたい…」

真弓は紅生姜のように顔を真っ赤にさせて目をつぶり、恐ろしいまでの羞恥に身を焦がしていた。その目には涙も浮かんでいる。無理もない。可憐な少女が全裸で、何もかもさらけ出した大股開きという格好にさせられているのだ。
 しかし、少女の受難はまだ始まったばかりだった。

つづく

« | HOME | 

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

»

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY


CATEGORIES


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS



APPENDIX

小林電人

小林電人

羞恥シーンにしか興奮できない男です。長年SMビデオを見続けて来ましたが、満足できる作品にはめぐり合うことが出来ませんでした。ならば自分で作ってしまえと考えましたが私は、ビデオ制作に関しては全くの素人。ところが、自分で理想のSMビデオを撮影するチャンスにめぐりあえたのです。
全くの素人からAV監督になってしまった小林電人の制作日記です。

自主制作DVD購入希望の方は「羞恥専門 小林電人公式サイト」
現在「Webスナイパー」にて小説「赤い首輪」を週刊連載中です。ぜひご覧下さい。
http://sniper.jp/index.php

メールはdenjinkoba@gmail.comまでよろしくお願いします。


close