無料
エロ
動画

Latest Entries

私がお尻の穴にこだわる理由 2

 はい、私が撮影したお気に入りの肛門画像、第二回目は「高橋真弓のおしおき2」に出演していただいた上野ゆりさんです。
上野ゆりさんの肛門1

独特の影のあるルックスの女の子で、非常に私好みの体型をしていました。身体は細いのにお尻が大きいところが素敵でしたね。そして、お尻の穴もまた、なんとも言えない色っぽさがありました。
上野ゆりさんの肛門2


可憐な印象の子でしたが、お尻はかなり開発されているみたいで、太い責め具でもスムーズに入ってしまったのには驚きました。
上野ゆりさんの肛門3


(以上 自主制作DVD「高橋真弓のおしおき2」より)

 90年代後半は、私たち肛門マニアにとっては夢のような時代だったと思います。インディーズと呼ばれるAVが、それまでのビデ倫AVにとって変わるような勢いで増えていき、そこでは肛門への修正がなされていませんでした。普通のAVユーザーにとっては、ヘアが見えることや性器の修正が薄いことなどが興味の中心だったのでしょうが、私にとっては肛門が無修正でたっぷり見られることの方が重要でした。
 それまでも、ブラックパックと呼ばれる怪しげなマイナーAVや通販AVなどでは肛門を無修正で見ることは出来ましたが、いかんせん低予算で取られているために、モデルの質も低く、撮影も杜撰なものがほとんどでした。
 しかし、インディーズAVは、ビデ倫AVに負けず劣らずのクオリティで肛門を楽しむことが出来たのです。レイプ専門メーカーとして華々しく登場したアタッカーズの作品などは、ストーリーもしっかりしたSMチックな作品が多く、女優もビデ倫AVでデビューした美形揃い。羞恥の一環としてのアナル責めもあったりして、ずいぶん感動しました。

 その一方で、私を喜ばせたのがアナルファック風俗の登場でした。それまでSMクラブで高いオプション料金を払わなければいけないアナルファックが2万円程度で体験できるというのは衝撃的でした。しかも女の子は普通のイメクラと同じレベルの若くて可愛らしい子ばかり。「マンピー倶楽部」や「甘えんぼ」「尻キチ隊」「Y倶楽部」などなぜかアナルプレイができるお店は池袋に集中していて、ずいぶん通いました。
 最初は結城彩雨先生の小説で憧れるばかりだったアナルファックが体験できる! と興奮していたのですが、実際にしてみるとアナルファックというのは、締め付けがキツイばかりで、それほどいいものではありませんでした。なので、私は、風俗嬢の肛門をじっくりと眺め、舐め、指を入れさせてもらい、同時に口で抜いてもらう(つまりシックスナインの応用ですね)ようになりました。普通の風俗店では嫌がられるものですが、アナル専門店では、むしろ喜ばれました。

 あれほど貴重に思えた女の子の肛門がいくらでも手に入る(ちょっと大袈裟ですが)という時代がやって来たのです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

« | HOME | 

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

»

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY


CATEGORIES


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS



APPENDIX

小林電人

小林電人

羞恥シーンにしか興奮できない男です。長年SMビデオを見続けて来ましたが、満足できる作品にはめぐり合うことが出来ませんでした。ならば自分で作ってしまえと考えましたが私は、ビデオ制作に関しては全くの素人。ところが、自分で理想のSMビデオを撮影するチャンスにめぐりあえたのです。
全くの素人からAV監督になってしまった小林電人の制作日記です。

自主制作DVD購入希望の方は「羞恥専門 小林電人公式サイト」
現在「Webスナイパー」にて小説「赤い首輪」を週刊連載中です。ぜひご覧下さい。
http://sniper.jp/index.php

メールはdenjinkoba@gmail.comまでよろしくお願いします。


close